AGAの悩みを根本的に解消するサイト

遺伝は薄くなりやすい体質

当サイト「AGAの悩みを根本的に解消するサイト」にこの度はアクセスしていただき誠にありがとうございます。
まずはAGAに関することを調べているなら、当サイトのお役立ちメニューをご熟読ください。

 

薄毛は遺伝するのではなく、遺伝は薄くなりやすい体質がするということはあるかも知れませんが、薄毛対策などにこの場合はとり組んでいく事によって、予防をしていく事はできるでしょう。
ただ「ハゲの遺伝子」という題材にて、ドイツ大学の研究チームが米専門誌アメリカン・ジャーナル・オブ・ヒューマン・ジェネティクス7月号にて報告をされた内容をご説明をします。

 

薄毛に20代や30代となった男性の家系の血液を調査してみたところ、男性ホルモンの一種であるX染色体にあるアンドロゲンの受容体・突然変異が遺伝子に起こり、その結果毛が抜けやすくなったのではという事です。

 

そしてXとYの2つの染色体(女性はXとX)を男性は持っていて、母親からX染色体は受け継ぐものなので、母親側の男性の親戚で薄毛がもし多いのならば、薄毛に将来なる可能性が高くなるかもしれないという事になります。
また前頭部から頭頂部が男性の場合禿げる、または薄くなるという遺伝の可能性については、10代〜20代で薄くなって、そして30代には禿げてしまう方が 数%、さらに40代〜50代で薄毛になる方が20〜30%程度いるみたいですけど、遺伝にその他はよるものではなく、他の要因も関係してる可能性が高いというこ とです。

 

賛否両論ではありますが、薄毛は遺伝するのかという問題はまだその因果関係については解明をされていないのが現在の状況です。

 

要は必ず両親の髪が薄くても遺伝して、親が仮に20代で禿げたから子供もおなじように20代で禿げる、薄毛になるということではないということです。

 

なので、薄毛や禿げが自分の家系にはいない、遺伝の心配はないからといって、髪を頻繁に染めたり、色々なその他頭皮に悪い影響を与えるようなことを 行っていれば、その結果薄毛になる可能性も出てくると思いますので、日ごろからもし薄毛のことが心配であるなら、髪や頭皮のケアを行うなど気遣ってあげることが大 切になってくると思います。

 

 

もっともっと女の子にモテたい!だからAGAの治療を受けることにしたんです。
増毛が実現したら、街に出てナンパを楽しむのもいいかもしれないな☆